サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式・企業イベント - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス


<<会社URL:https://www.kohei-sandart.com/>>
Net.Chaos

披露宴・結婚式・各種イベントでお楽しみ頂けるサンドアートパフォーマンスのご依頼はこちらへどうぞ。ガラスの上をバックライトで照らし、砂の絵を次々と変化させてストーリーを展開していきます。様々なテーマのサンドアート演目からお選び頂く事が可能。


絵画の関連情報

絵画(かいが)は、物体の形象を平面に描き出したもの。 日本語では類語の絵が幅広く用いられ、絵画という語は、特に芸術作品としての絵を指す場合がある。ただし、絵と絵画を区別して用いるとは限らない。また画を後ろにつけて描写の技法や対象を示す用語もある(水墨画、静物画など)。 フランス語の peinture(パンチュール)、英語の painting(ペインティング)、日本語の雅言的表現で絵と呼ぶこともある。 文字などを「書く」ことより早く、絵画を「描く」行動は幼少期から見られる行動である。発達心理学などの分野では、14歳から18歳程度で完成期と呼ばれる時期を迎え、多くの人はその頃から、ほとんど描かなくなる。子どもの絵に関する社会科学的研究は豊富だが、大人の絵に関する同様の研究は少ない。その一方で、多くの人が描かなくなる年齢を過ぎても活動的に絵を描く人々が居る。歴史的に代表的なのは画家であると言えるが、現代ではより多くの業種に見出される傾向である。なお、人間の発達には個人差があり、柔軟な姿勢が必要である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

サンドアートは、非常に素晴らしい芸術の1つです。砂を動かして作り出す後で、リアルタイムで行われるのが特徴となっています。もしこれからイベントで実践してもらいたいと感じているなら、ぜひともサンドアートアーティストとして活躍をしている、koheiさんに注目をしてみると良いでしょう。koheiさんは、多くのキャリアを積んできたベテランアーティストさんなので、安心して任せることができます。ブライダルビデオを作成した経験もありますし、プロのミュージシャンのプロモーションビデオの作成にも携わった経歴を持ち、とにかく技術力やセンスが抜群です。結婚披露宴や、その他のイベント会場に来てもらうこともできるので、まずはチェックしてみると良いでしょう。基本的にサンドアートは室内で行われるものとなっているので、精密機械を取り扱うと言うこともあり、場所を確保する必要があります。風が全く歩かないようなところで、なおかつプロジェクターなどを使うことが出来るような、暗くできるところを選ぶことが大事です。それから、こちらのコンセプトをkoheiさんに伝えてから、それを形にしてもらうまでには、当然ながら時間がかかるので覚えておきましょう。2ヶ月ほどかかることもありますが、急いでいる場合は一緒に相談に乗ってもらうこともできるので、話し合いで解決をすることが大切です。とにかく気になっている場合は、連絡を取らせてもらい、これからどのような流れで持っていくべきなのか、一緒に考えてもらったほうが無難だといえます。また、九州の熊本などにも、出張で来てもらうことができるので、九州に住んでいる人も安心してお願いができるでしょう。その場合は、koheiさんが出張する時もあれば、一目置いているサンドアートアーティストの、吉本健太さんが来てくれる時もあります。彼もしっかりとした経歴を持つサンドアートアーティストの1人なので、安心して任せることができるはずです。
Tagged on: ,サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式・企業イベント - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス