三和産工株式会社



Net.Chaos

蓄光ステップ、蓄光式避難誘導標識システム(津波・災害種別)の構築を地域防災計画策定の際の緊急防災・減災事業債を活用してご提案いたします。蓄光式誘導標識のトータル・ソリューション・プロバイダー三和産工株式会社。


防災の関連情報

防災(ぼうさい)とは、災害を未然に防ぐために行われる取り組み。災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧まで含める場合もある。災害の概念は広いので、自然災害のみならず、人為的災害への対応も含めることがある。 類義語として、防災が被害抑止のみを指す場合に区別される減災、防災よりやや広い概念である危機管理、災害からの回復を指す復興などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

蓄光標識の納入について、地域の特徴と改善例を述べてゆきます。高知県黒潮町には野外に対応する蓄光製品と、高輝度避難標識の焼き付けタイプを納入しています。黒潮町は南海トラフ地震津波避難対策特別強化地域に指定されており、地震が起き、かつそのあとの津波に素早く対応すべき場所とされています。そのため高台への避難や避難タワーへの避難が活発に行われるようにする準備が必要でした。津波はとても高い波の高さのため標識に耐浸水性が要求されています。塗料が浸水により劣化してしまうと、一度きりの標識の効果となってしまうので維持のコストがかさみます。しかし、粒子レベルの耐浸水性があるため大丈夫でしょう。また、夜間に屋外での長時間使用を目的に開発されているため、10年の耐候性と、3日間の光の蓄光性能を誇ります。また、海辺が津波の懸念される場所で潮風の腐食が懸念されますが、1200時間の腐食実験の結果、製品状態に腐食変化が起きなかったため海辺での使用は問題ありません。フルカラー対応なので、視認性を向上させています。やなせたかしさんがデザインする防災キャラクターを描いたり、防災種別の記号を載せることで視認性も、標識が伝えるべき情報も的確に載せられます。次に、青森県東通村での導入事例です。東北地方は寒い気候で色々な気候に耐えうる結果があります。また、原子力発電所がある地域では発電所の安全の確保に基づき、いざという場合に蓄光標識を使用することで電力不足の時でも対応できるように導入しました。大きな標識は視認率をたかめ正しい避難誘導を可能としているでしょう。海辺の津波、地震対策で導入されているほか、原子力発電が止まったりする災害時など、このようなリスクを穴埋めすべく使われているようです。これらをうけ、耐水性、耐震性を高く持ち、蓄光性能が高く、標識を示す場所の自由度が高いとされる蓄光標識が災害時のけがや危機から人々を救うのです。
Tagged on: ,三和産工株式会社