ながた内科クリニック



Net.Chaos

訪問診療とは、具合が悪くなった時にだけご自宅に伺う「往診」とは異なり、通院が困難な方や介護が必要な方、退院後のケアが必要な方に対して、医師が患者様のご自宅に定期的かつ計画的に伺い、療養上必要な治療を行うものです。府中市のながた訪問診療では、約二週間に一回、日時を決めてお伺いします。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

患者さんのことを第一に考えて、常に患者さんに寄り添った訪問診療を行ってくれます。何かあった時に自宅に向かって診察を行うのが往診ということになりますが、この往診とは異なり、通院することが難しかったり、介護を必要としている患者さんのところに定期的に出向いて、治療を行ってくれます。計画的に訪問することにより、患者さんだけではなく、その家族も安心感を得ることができます。訪問診療を行うことだけでも、ストレスを軽減させてくれるでしょう。症状に応じて患者さんの自宅に向かうことになるわけですが、一般的には約2週間に1度の割合で通ってくれます。これはあくまで一般的な平均的なスケジュールになるので、その人の症状に合わせて、1週間に1度の割合で通ってくれたり、1ヶ月に1回の割合で通ってくれたり、その時によって異なる感じです。基本的には複数の医師が交代制で対応してくれますので、いつどのタイミングでも安心して対応してくれるでしょう。また、患者さんによってはその時によって体調が急変することもあるでしょう。そんな時はもちろん緊急で対応してくれます。必要に応じて緊急の往診も行ってくれますし、入院先の手配もスピーディーに行ってくれます。常に寄り添ってくれる態勢となっているので、毎日安心した形で生活ができるでしょう。自分が生活している地域にこのような素晴らしい訪問診療を行ってくれる医療機関があるということは、高齢者で足腰が不自由な人はもちろん、その家族も充実した生活をおくれ、家族の負担もかなり減ることになります。何かあれば連絡をすれば緊急で対応してくれる態勢はとても素晴らしいでしょう。訪問診療にはとても力を入れているわけですが、これだけではなく、通院することが可能な人は内科も受診できるようになっています。通院の場合でもかかりつけ医として利用している人は少なくありません。地域密着の対応能力の高い医療機関がここにあります。
Tagged on: ,ながた内科クリニック