海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会



Net.Chaos

海外での生体腎移植や臓器移植に関する情報は30年以上の歴史を誇る当会へ!ドナーの心配なくクレアチニン上昇による透析と決別するための情報です。透析前の先行的腎移植にも対応し、帰国後の医療機関も万全に確保。まずは体験者の話をお聞きください。もちろん費用は無料です。


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

海外腎移植事情研究協会は腎臓移植や海外での臓器移植などに関して活動している団体です。1987年以降30年以上にわたって海外における腎移植の実現をサポートしてきました。出国や帰国など患者に寄り添うことができ、海外腎移植に精通した経験豊富なスタッフが通訳はもちろんいろいろなケアを24時間実施しています。現地において安心・快適な治療を受けることができるでしょう。現在アメリカやヨーロッパにおいて1ヵ国、アジアにおいて2ヵ国サポートしていて、2019年にはアジアにおいて専門医療機関が3ヵ国増える予定です。腎移植は現在知識や技術など確立された医療行為になっており、協会のサポートによって血縁ドナーに恵まれない人が健康を取り戻しています。将来的に透析導入が不可避と判断され、透析生活になる人も先行的腎移植を受けることによって、透析を経験することなく健康を取り戻すことが可能です。費用は協会を経由せずに医療機関や移植チームに対して直接患者から支払う仕組みです。辛い透析経験から卒業することができるので多くの人が利用しています。豊富な経験や実績があるので透析から離脱したり、制約のない自由で健康的な生活を謳歌することができるでしょう。帰国した後のアフターケアも万全で、いろいろなサポートを受けることが可能です。海外に渡航する前に事前検査を行うことができるので心配する必要はありません。専門医が責任を持って海外の医療機関にバトンタッチすることができ、専門家としてアドバイスを受けることが可能です。正式に申し込みする前に、国内の専門医はもちろん現地医療機関を見学したり、移植外科チームへの面会も利用することができます。いろいろな悩みや不安などに関してカウンセリングを受けることができるので、安心・安全に利用することが可能です。海外臓器移植のさまざまな局面に関して幅広いサポートを受けることができます。気軽に相談することができるので、興味があるならいつでも利用することが可能です。
Tagged on: ,海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会