医療法人 桃一会 DAIYUUZAN CENTRAL CLINIC


<<会社URL:https://www.touichikai.com/about/>>
Net.Chaos

小田原市,南足柄市で内科や人工透析の病院をお探しの方は「大雄山セントラルクリニック」をご利用ください。透析治療は個室完備・水質管理の徹底により、安心して治療に取り組む事が出来ます。当院へお越しの際は最寄りの南足柄市大雄山駅をご利用下さい。見学受付中。


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

幅広い内科診療によって、気になる症状も気軽に相談できるのが、人工透析の治療を軸にする大雄山セントラルクリニックです。何よりも、ホスピタリティ溢れる医療を目指していることもあり、最新の医療機器を導入し、最先端で的確な治療、さらに思いやりのあるケアに努めています。なおかつ、リゾート地のようなリラクゼーションスペースを設けているので、治療中のみならず、待ち時間さえも苦にならない魅力もあります。一般内科の中でも評価が付いているのが、腎臓内科の専門医となる院長自らが、腎不全の保存期の診察に携わる点にもあります。もちろん、腎機能の低下が見受けられる場合にも、安全に透析療法へ移行できる環境が整っているのも魅力の1つで、適切な治療計画までが案内されています。通常は、大学病院などでの導入透析を行い、その後、維持透析を行う施設決めが必要となります。小田原に自宅がある場合には、アクセスはもちろん、受けたい透析が受けられる設備や時間帯、スタッフとの相性もポイントになりますが、大雄山セントラルクリニックでは見学も随時受け付けているので、納得できるまで下調べも可能です。大雄山セントラルクリニックの特徴の1つは、長時間透析を提案していることにもあり、柔軟な体制が期待できます。透析を希望する人に対しては、時間の都合も考慮し、週4日、22時まで人工透析の治療を行える体制が整っています。プライベートな個室空間も魅力ですが、見守りシステムも導入し、安全と安心をしっかり得られます。また、一般内科にも邁進しており、気づかない内に進行してしまいがちな、生活習慣病の診察も行っています。高血圧や動脈硬化などの症状に発展しないため、治療のみならず予防法までも指導してくれます。透析治療では、来院しづらい方に対して、小田原市を含み、片道30分圏内であれば無料の送迎も行ってくれます。地域のかかりつけ医を目指しているため、健康的な生活を支えて欲しい人のニーズにマッチしているのも特徴です。
Tagged on: ,医療法人 桃一会 DAIYUUZAN CENTRAL CLINIC